乳酸菌のぬか漬け、あります
乳酸菌のぬか漬け、あります
ホーム > > 世界の紅茶の産地について

世界の紅茶の産地について

世界で楽しまれている紅茶の多くは、熱帯から亜熱帯の地方で栽培されています。
主な生産国はインド、スリランカ、ケニア、インドネシア、中国です。
生産量世界第一位を誇るのはインドです。
主な産地は北東部のダージリン、アッサム、ドアーズなどと、南部のニルギリなどです。
スリランカの紅茶は土地の標高によってハイグロウンティー、(産地はウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ)ミディアムグロウンティー(キャンディー)、ロウグロウンティー(ルフナ)に分けられます。
中でもウバはインドのダージリン、中国のキームンと並んで世界三大銘茶の一つと言われています。
ケニアは生産量、輸出量ともに世界第3位です。
茶園は2000mの高地にあります。
インドネシアの紅茶はジャワ島、スマトラ島を中心に栽培されています。
生産量、輸出量ともに世界4位です。
中国はお茶の総生産量は世界第2位です。
上海に近い安徽省で生産されるキーモンが有名です。
詳しい情報についてはオーガニックオイル人気最新情報こちらです。