乳酸菌のぬか漬け、あります
乳酸菌のぬか漬け、あります
ホーム > 現金化 > 現金を手にするための現金化

現金を手にするための現金化

現金を借り入れする方法として頭に浮かぶものは用途別に銀行や信販会社にローンを組むことや用途自由のカードローンからの借入、クレジットカードのキャッシングなどがあります。

カードローンとキャッシングの違いは今では分かりづらくなっていますが原則的にはキャッシングはカード会社が発行するカードで一括返済するもので、

カードローンは銀行や消費者金融が発行し分割で返済することが前提となっています。

いまではキャッシングも分割やリボ払いが可能なため支払い回数での違いはなくなってしまいましたが支払いの規則として分割支払いの場合にキャッシングはカード会社が指定した支払日前に当月分を返済しても必ず支払日にも返済を行わなければなりません。

一方カードローンは決められた支払い期間内に当月分を支払う形の為、固定された期日に必ず支払いを行う形ではありません。

カードローンやキャッシング共に借り入れできる金額は総量規制によって年収の3分の1までと定められています。

 

この金額は一社での借入金額ではなく全ての会社での合計金額の為、総量規制が実施される前に多額の借入を行っていた方々は追加の借入が困難になっています。

 

クレジットカードショッピング枠はこの総量規制の対象外の為、今までしっかりと返済を行っていた場合にはキャッシング枠は少ないがショッピンに関しては高額な枠が設けられている方たちも多く存在するようです。

 

キャッシング枠に比べて高額設定された枠を使い現金を手にするクレジットカード現金化と言う行為もあり、近年では他で借り入れが出来なくなった方中心に利用者は増えているようです。

ショッピング枠を利用するため返済方法も通常ショッピングと同様にカード会社との契約通り一括返済、分割、リボ払いと選ぶことが可能となっており、

一時的に現金が必要な際などは一括返済することでカード会社への利息も発生せず、クレジットヒストリーにも借り入れ履歴が付かないため個人事業者などが資金繰りとして利用することも多いようです。

しかし注意点もありカード発行会社はこの現金化に関しては認めていないためカード会社に発覚した場合には利用枠の減額や決済金額の制限、利用停止などのペナルティーなど受ける可能性も有ります。

そのためクレジットカード現金化を行う場合にはカード会社に発覚されない様に行う知識が必要となります。

インターネットを検索すると様々な現金化業者を紹介するサイトがありますが多くの情報の中から優良な情報か否かの判断を行い、

現金化業者を探しだすことは必須となります。

参考サイト:ネオギフト口コミ